野生雲霧円茶

今月のおすすめ野生雲霧圓茶です。
大変にできのよいプーアル茶なのでお見逃しないよう!

昌泰茶業の雲霧圓茶シリーズは簡単に言うと、高山茶の春茶をコンセプトとしています
雲霧圓茶プーアル茶葉

これだけではよく耳にする高級茶でいまいち特徴がつかめないのでもう少し詳しく書くと
・高山茶(そして「雲霧」につつまれる)
・谷雨茶(春茶、4月中旬から5月初旬に摘まれた茶葉)
・一芽一葉茶
の三つを基本コンセプトとしています。


雲霧圓茶誕生十周年を記念して作られた野生雲霧圓茶(今月発売したプーアル茶)はさらに
・野放喬木茶
が追加となります。

さらに詳しく見ていきましょう。
最初の高山茶ですが、高山茶というと雲南省では標高1200mほどから高山茶とされます。
高山の中でも雲霧圓茶シリーズはその名のとおり「雲霧」につつまれるような環境で育った茶葉となります。
雲霧に包まれるというのはどういうことかというと、二つの要素があります。
・雲霧が発生するような寒暖差
・雲霧によって日光がさえぎられる

雲霧が発生する環境とは基本的に寒暖差がある環境となります。
茶に限らず寒暖差のあるところで育った農作物はしっかりと栄養を蓄えおいしく育ちます。
(お米などもそうですよね)

そして、雲霧につつまれて育つことで日光がある程度遮断されます。
これは日本茶でいうところの「かぶせ茶」と同じように、日光を制限することによって光合成がコントロールされます。

植物が生長するのに光合成は不可欠ですが、茶葉においては多すぎる光合成は強すぎる苦味につながります。
茶葉のうまみ成分であるテアニンは光合成によって苦味の強いカテキンへと変化しますが、うまみ、苦味の程よいバランスがおいしいプーアル茶を生み出します。

次に谷雨茶ですが、これは4月の中旬以降、5月の初旬までの春茶をさします。
高級茶というとまだ芽吹いたばかりの斗春茶葉などありますが、うまみの乗った二春茶葉がプーアル茶には(特に熟成を考えると)最良であるといいます。また、煎も続きます。

一般に斗春茶は香りが強いもののうまみにかけるともいいます。
一方で二春茶は香りは斗春に劣るがお茶としてのおいしさ、バランスのよさがあります。
(おいしい斗春茶でも熟成させると物足りなさを感じるものも多くあります)

と二春茶がいいと書きましたが、どうしてもうまみの総量(密度)では引けを取る部分があります。
なので、雲霧圓茶シリーズではその部分を強化するよう一芽一葉茶として作られています。

そして、10周年を記念して作られた雲霧圓茶である野生雲霧圓茶では喬木茶に仕上げられています。
もともとの雲霧圓茶は茶園茶の中から上に書いたような条件を満たす茶葉で作られています。
そのため、品質も十分ながらもお手ごろな価格となっていましたが野生雲霧圓茶は本格派プーアル茶として喬木茶として作られています。

雲霧圓茶自体は2002年以降も作られていますが、特別な名前がつけられているのは2002年の易武雲霧圓茶とこの野生雲霧圓茶だけです(ほかの年のものは版納雲霧圓茶として作られています)。

と、話が長くなってしまったのでこのあたりにしてまた次回へと続きます。

JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


易昌號易武七子餅茶 正品 試作品

続いては易昌號易武七子餅茶 正品 試作品です。

易昌號は昌泰茶業のフラッグシッププーアル茶であり、プーアル茶の歴史に燦然と足跡を残した歴史的名牌です。
その特徴は易武山の野放茶で作ったプーアル茶ですが、その意義は当時は政府管理下のもと、「プーアル茶とはこういうものである」という、いわば自由度の制限されていたプーアル茶の世界に「自分たちが飲みたいプーアル茶はこれだ」といわんばかりのプーアル茶を生み出したことにあります。
そのプーアル茶、易武號は大いに受け入れられ、その後のプーアル茶の茶文化を大きく広げました。

易武號プーアル茶
このプーアル茶は2007年の易昌號 正品ですが、包み紙のデザインがオリジナルのものと異なっています。
オリジナルデザインの参考に、もうひとつグレードの高い「易昌號 精品」を見てみましょう。
易武昌号精品プーアル茶
オリジナルの易昌號(2007年)の上部に書かれた「易武七子餅茶」の文字は篆体字のロゴとなっていますが、今回の試作品は簡体字となっています(下部にある雲南昌泰茶業集団出品などほかにも細かな違いがあります)。
これは中身も含めまだ包み紙のデザインが定まっていないときの試作品ということで紹介していますが、以前販売していた易昌號易武七子餅茶 正品と飲み比べを行いましたが基本的に風味は同一です。
(熟成されていた環境の違いはあります)

易武山茶を代表する易昌號ですが、その特徴は「柔和」「幽玄な」と評される風味にあり、それゆえに「プーアル茶の女王」としばしば評されます。
これは班章茶(こちらはプーアル茶の王)に代表される強い味からは間逆といえる味わいでもありますが、茶は無い味を楽しむともいわれますのでより風雅な味わいともいえるでしょう。

昌泰茶業のフラッグシップであり、昌泰茶業の代名詞ともいえる易昌號には昌泰茶業の命がかかっている(?)ともいえ、売れたからという理由でおいそれと追加で作るようなことはしません。
(一方でその知名度の高さから偽物が多く作られています)

さて、この易昌號 正品ですが、一芽三葉までの早春易武山茶で作られています。
これが精品となると一芽二葉までとなりよりグレードが高いものですが、一芽三葉茶葉がもつ柔らかな甘みというのもなかなかに乙なもので、そのやわらかさから、より「柔和」な味わいを醸し出しているといえるかもしれません。
(「幽玄」な味わいは精品のほうがわかりやすいかと思います)

易武茶として売られるプーアル茶は数多くありますが、易武茶らしい風味を持ったプーアル茶には限りがあります。
易昌號 正品はお手ごろな易武山プーアル茶なのでぜひお試しいただければと思います。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


昌泰號7538プーアル茶-追記-

昨日のブログにちょっと語弊があるかなと思ったので追記です。

書きたかったのは「701だからすごい」ではなくて「昌泰號7538プーアル茶の701はすごい」です。

昨日のブログの書き方では「プーアルカフェではあまり第一批を取り扱っていない」かのようにも読めてしまいます。

もちろんそんなことはなく、当店のプーアル茶は基本的に第一批を取り扱っており、そうでないものも試飲を行い十分においしいものをご紹介しています(以前販売していた昌泰號7538はこのケース)。

昌泰號7538にはいくつかの批があるのはすでに書いたとおりですが、そのパッケージにも違いがあります。
今回紹介している7538とその字体が異なることがわかります。
0701プーアル茶0906プーアル茶

7538でも初期に作られたものは丸みを帯びた文字で、7月以降に作られたものは角ばったものとなります。7月以降に作られたものは7548と同じ字体となっています。一方で7538の発売時のカタログを見ると丸みを帯びた字体となっていることから批の早いものは丸みを帯びている字体のもであることがわかります。(7548は丸みを帯びた字体のものは作られていません)
プーアル茶カタログ

今回紹介した昌泰號7538は丸みを帯びた字体のものですが、丸みを帯びた字体のもの、包み紙や印刷の風合いが微妙に違う版など細かい違いまでいろいろありますが、これは評判のよさからプロモーションをかける際に昌泰茶業がデザインをブラッシュアップしたためとされています。これらの鑑定ポイントから判断すると今回の昌泰號7538は最初期のものとなります。

このように細かな確認を行いながらプーアル茶の真贋を見極めていったものですが、これも一昔前といった感がありますね。


JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


昌泰號7538プーアル茶

今回紹介するプーアル茶の中でも特にお勧めは昌泰號の7538です。

このプーアル茶は昌泰茶業が2007年に作った渾身のプーアル茶で品評会などでも絶賛され大評判を博しました。
発売後も大変よく売れ、2007年には何度も再販となっています。

前回のブログに書いたとおり、批数が大きくなるにつれだんだんと品質は落ちていきます。売れに売れたこのプーアル茶は2007年の12月まで生産されており、もはや批数がわからない状態で、マーケットで見られる7538の多くがそのような状態でもありました。

さて、今回「蔵出し」の昌泰號の7538はもちろん「701」です。
701は2007年の最初の生産ということで、それがすなわち本来の昌泰號の7538の風味であり、評判を博した昌泰號の7538となります。
701プーアル茶
(ケータイ写真で画質が悪くてすみません)

このプーアル茶を当店が仕入れたのは2012年でした。
その当時も昌泰號の7538を販売しており、それなりにいいものを仕入れていたつもりだったのですが「701」を試飲した際にその出来のよさに驚きました。せっかくのポテンシャルを十分に発揮できるよう10年間熟成させることを心に決めました。

それから5年、いよいよ10年熟成を持っての蔵出しです。

ぜひ一度お試しください。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


「蔵出し」十年熟成、昌泰プーアル茶

今月のお勧めは「蔵出し」昌泰茶業の2007年プーアル茶です。
2007年プーアル茶

2007年のプーアル茶と聞くと「プーアル茶バブル期だから品質がよくない」との声が聞こえてきそうでもありますが、そんなことはありません。

「蔵出し」プーアル茶はもちろんそんな例に当てはまらないプーアル茶たちです。

と打ち出してみましたが、プーアル茶バブル期に質のよくないプーアル茶が売り出されていたのも確かです。
今回紹介しているプーアル茶たちでもそのようなプーアル茶がありました。

ここでポイントとなってくるものは「批数」です。
批数とはそのプーアル茶の生産された時期をあらわすもので一般に「701」というような3桁の数字で表されます。
この三桁の最初の数字がそのプーアル茶の生産された年を表し、その後の二桁がその年の何回目の生産であるかを表します。
なので上の701であれば2007年(または2017年)の一回目の生産ということとなります。

プーアル茶を作るときはまずそのデザインを決めます。
そして、その味わいを作るための茶葉をブレンドしてデザインとおりの味わいを作っていくのですが、生産される茶葉の量には限りがあるので、初めのうちは設計どおりのプーアル茶を作ることができるのですが、予想外にプーアル茶が売れた場合など、生産量が多くなってくるとだんだんとその品質が落ちていってしまいます。

このような考え方は短期的には生産量が増え儲かるためどの茶廠でも行われていましたが、生産量が増大したバブル期にはまさに「プーアル茶バブル期だから品質がよくない」というような評評判が立ち、長期的な視点では儲からなくなるため現在ではあまり行われていません。
(現在では初めから生産量を決めておいて質を落とさない作り方が主流となってきています)

とここまで書いたところで次回へと続きます。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶


常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


大益熟茶飲み比べセット

今月のおすすめは大益熟茶飲み比べセットです。
大益熟茶セットプーアル茶

熟茶作りは、プーアル茶と同じ黒茶類に属する六堡茶などの握堆工程を参考する形で1960年代に研究が始まったとされています。

熟茶には一般に三大熟茶と呼ばれるプーアル茶があります。
孟海茶廠の作る7572下関茶廠の作る8366、そして昆明茶廠が作る7581の三つです。
(このうち7581を作る昆明茶廠は90年代に閉鎖され、その後2010年に再開されています)

とはいえ、熟茶の種類は膨大で孟海茶廠だけでも数多くの熟茶が作られています。
その中で特に有名とされる熟茶として757285927262、7562、V93などがあります。

今回紹介する大益熟茶飲み比べセットでは孟海茶廠のレシピを三つ紹介しています。

熟茶の基本で、甘口プーアル茶の代名詞である7572
80年代に開発された大茶葉の名レシピ8592
そして2005年に発表された3級茶葉レシピ7632

これらのプーアル茶に基本的に優劣はありません。
(もちろん設計思想の違い、価格の違いはありますが)

大事なのは、飲み手側の好みです。
今回紹介した飲み比べセットでお好みのプーアル茶を探す第一歩となればと思います。


JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


「金の花」或は「菌の花」

当店でも人気の茯磚茶
茯磚茶といえば「金花」が最大の特徴といっていいでしょう。

茯磚茶を崩すとその内部に細かな黄色の点々が見えるが、これが金花。
と、金花がよく見える写真が撮れたので嬉しくなってブログを久しぶりに更新。
フー茶の金花

金花はユウロチウム クリスタタムという麹カビ菌の一種の胞子で、全ての製茶が終わった後、押し固める前にカビ付けたものがお茶全体に回って成長するとみられる。最後にカビ付けをして発酵を促すというのは数ある黒茶の中でも茯磚茶ならではの珍しい作り方です。

そして、実際に菌(胞子)の姿が見えるお茶というのは他にはないのではないでしょうか。

金花アップ

金花は「金花香」と呼ばれる独特の香りをもつがこれが茯磚茶が好まれる理由の一つでもあります。



JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


いろいろ「色」大益、金大益

今月紹介している玖瑰大益のように、'90年代後半から'00年代前半に作られた孟海茶廠のプーアル茶は色々な「色」で名付けられています。

最初につくられた「色」大益は紫大益(=玖瑰大益)ですが、それ以降は紅大益が基本となり、それ以外の「色」は特別な大益として作られています。

パッケージにレシピ番号が書かれるようになるのは2006年からのことで、それ以前のプーアル茶は外見からどのようなプーアル茶であるのかを見いだすのは難しく、パッケージの微妙な違い、そして試飲などによってそれぞれの違いを判断しています。
金大益水色、2003年プーアル茶

ということで、今回久しぶりに金大益を試飲。
サンプル用に一枚崩してあるのですが、半年ほど前に戸棚の整理をして以来見かけなくなっていました(笑)。今回「色」大益の紹介ということでここで飲まずにいつ飲もうかと、箱という箱を開けて探し出しました。

苦労して探し当てたという訳関係なく、やはりすばらしいプーアル茶です。
湯を注ぐとふわりと陳香が漂います。ほのかではなく、はっきりとした陳香です。
半年ぶりに淹れる金大益は図らずも熟成が進んでいて思わずにやりとしてしまいました。

水色は一層濃く、熟成の進んだ蜜香にほのかな煙味があり、味わいに力があり、やはり銘茶の貫禄です。茶気とバランスを取るまろやかさは進み、茶湯は濃く濃厚な味わいがあります。

金大益は2003年に作られたプーアル茶で、国営時代の孟海茶廠最後の銘茶とも呼ばれます。
孟海茶廠の銘牌といえば7542、つまり4級茶葉を主に使用して作られていますが、金大益は5号青餅とも呼ばれ一つ級の大きい5級茶葉をメイン茶葉として作られています。

一回り大きい茶葉ですが、その旨味の充実ぶりは突出しており、それは使用されている班章茶葉にあるとされています。このプーアル茶は孟海茶廠の企画生産品という訳ではなく、台湾の飛台茶商のオーダー品となります。

ちなみにこのプーアル茶の復刻品である2010年版金大益には班章と同じ布朗山の茶葉が使用されていて、その茶気の強さや風味にも目を見張るものがありますが班章茶葉自体は使用されていません。

2011年に当店が入荷した時点では熟成は進んでいるものもまだ今後の熟成を待つという塩梅でした(葉底にも鶯色が残っていました)。が、それからさらに5年がたち熟成は満遍なく進み、茶の味わいにも葉底にもしっかりとした熟成を見ることができます。

さて、今月紹介の玖瑰大益にはもともとは紫大益として作られたプーアル茶が、経年の退色をへてピンク色になったという逸話がありますが、この金大益もパッケージの色に変化が見られます。

もともとはもっとはっきりとした金色の顔料で印刷されていた金大益ですが、経年を経て退色しその色合いは薄くなっています。
出来がよく価値も上がり続ける金大益なので、偽物が出てきてもしかるべきでしたが、この退色した微妙な色合いのおかげでなかなか偽物が作りにくいという恩恵を受けました。

それでも価値が上がり続けると偽物を作る輩はでてきます。
2012年頃から偽物の金大益を目にすることがでてきましたが、こちらははっきりとした印刷でまず間違えることはないかなという出来でした。ところがこちらも経年とともに古びた雰囲気が出てきているの間違えてしまう人もいるのかなあという感じにはなってきています(それでも明らかに違うのでオリジナルを知っていればまず間違えることはありません)。

一方の2010年の金大益にも偽物が出てきています。
こちらは大変精巧な出来でぱっと見では分りません。違いを見分けるには紙と印刷の微妙な違いから見える全体の雰囲気の違いの他に偽造防止ステッカーに違いを見ることができます。ステッカーに埋め込まれているホログラムテープの埋め込みに違いがあります。また、紫外線を当てることで見える蛍光繊維に違いが見られます。

とはいえやはり大変精巧な作りなのでよく知らないと間違えてしまうでしょう。
この辺りはかつてのアナログ印刷の時代からデジタル印刷への変化のためともいえるかもしれません。

かつて包装紙の製造は人の手で判を押すように作られていました。
次第に機械での印刷(凸版印刷)となっていった訳ですが、2003年の金大益はこの凸版印刷の時代に当たります。そのため包装紙に機械で力強く押されているので印刷の後に微妙な凹凸があります。さらに金大益には質検認証の朱色の判が手で押されています。

それに対して偽物は現代のプリントで作られているので平らな紙に大益のロゴが質検認証印とともに平面的な印刷がされているだけです。その違いは一発で見分けることができます。

一方、2010年の金大益はデジタルにデザインされ、プリントされたパッケージといえます。
そのような印刷物はデジタルで読み込んだものを色の調子を合わせて印刷すれば精巧な偽物の出来上がりです。後は紙の風合を似せればほとんど見分けはつきません。
偽造防止ステッカーとなると偽造はやはり難しくなるので違うところを探すことができますが、こちらもやはり精巧に作られています。

と話がずれてきてしまったのでここまで。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


薔薇のプーアル茶、玖瑰大益。

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。

さて、今年最初のプーアル茶は玖瑰大益です。



「極上の7572」として紹介している、大変できのいいこのプーアル茶ですが、7572らしい甘みがあり、カラメルのような香ばしさがあり、コクがあります。また一方では発酵度の浅い茶葉から醸し出される酸味、フレッシュさを持ち、発酵臭も少ないきれいな仕上がりとなっています。

などなど、このプーアル茶のおいしさを味がどうこう、香がどうこうと書きましたが、このプーアル茶のおいしさの芯は「大変できがよく」という言葉に現れているかと思います。それは味、香の個々がどうであり、こうでありというものではなく、お茶として全体の出来のよさであり、より端的に表そうとすると「上品さ」という言葉が似合うのかと思います。
このような評価は完全に個人の官能的評価であり、つまりは好み、さらには感想といったところになってしまうのかと思いますが、やはり大変おいしいプーアル茶だと思います。
熟成の浅い茶葉を使用しているので熟茶でありながらこれからの熟成出の変化が期待できるところも◎です。
と、いいことばかりをいっていますが強いて欠点を挙げるとしたら気持ち煎が続かない印象といったところぐらいでしょうか。

と、やはりいいところばかりかいてしまった玖瑰大益ですが、やはりおいしいプーアル茶です。
50g崩し〜とお求め安くなっておりますのでご興味をお持ちの方はぜひお試し下さい。


JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


老茶頭

先月のおすすめは老茶頭でした。
老茶頭

特集を紹介するブログ記事でも書いたとおり、老茶頭はもともと取れる量が非常に限られた珍しいプーアル茶です。

なのでこの特集では三つの異なる茶廠の作る異なる老茶頭をよく集めたものだなどと内心ほくほくしていたのですが、ふたを開けてみれば数が足りずお客様にもご迷惑をおかけしてしまいました。

最大のプーアル茶メーカーである孟海茶廠のように大きな茶廠であれば大量に熟茶を生産するのでまとまった量の老茶頭を確保することができるのですが、どうしても生産量の劣るそのほかの茶廠ではなかなか数をそろえることができません。
今回紹介した中で国艶茶廠のものは特に珍しくもともと準備できた量が少なかったのですが、もうひとつの昌泰茶廠の老茶頭についてはそれなりの数を準備していたにもかかわらずおすすめ期間中に在庫切れとなってしまいました。

孟海茶廠の老茶頭についてはまだまだ在庫はございますが、国艶茶廠の老茶頭に関しては最後の一箱となっておりますのでご興味がありましたらお早めにお願いいたします。
(昌泰茶業の老茶頭についてはすでに売り切れとなっております)

今後とも珍しいお茶を紹介していきたいと考えておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。


JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


<< | 2/12PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

Puer-Cafe, professional puerh tea store、プーアル茶の専門店

links

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

                 

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM