大益茶7632のおいしさ

今月のおすすめは大益熟茶レシピ飲み比べセットです。

このセットでは7632、7572、8592と3つの大益熟茶のレシピを飲み比べています。
プーアル茶セット

今回の飲み比べセット紹介のきっかけとなったのが3つのプーアル茶のうち7632でした。

7632の特徴は、まずそのレシピ番号から高級茶葉で作られたプーアル茶であることがわかりますが、このプーアル茶にはもうひとつの特徴があります。

それは「軽発酵」熟茶レシピであること。
軽発酵レシピはその名のとおり、発酵が軽く、その風味もすっきり軽めの仕上がりです。
このプーアル茶のように小さな茶葉は軽発酵に仕上げられることがしばしばあります。

紹介文には「すっきりとした味わい」と書かれています。
しかしながら、先日久しぶりにこのプーアル茶を飲んだところそれまで似ないコクとうまみを感じます。

一般に熟茶は経年による味の変化が少ないとされています。
しかし軽発酵で作られた熟茶は発酵度の浅さから更なる熟成の余地を残しています。

この7632が作られたのは2012年、それから7年がたち十分に後発酵がすすんできました。
7年間の間にほのかに残っていた酸味はコクとうまみに変化しました。

このような変化があるのはわかっていたのですが、飲んでみたら実にその調子がいい。
茶がのどを下った後に残る韻が心地よく、80年代7532を思い出させました。

ということで80年代7532を出して飲み比べてみました。
もちろん生茶と熟茶なのでその風味は違います。
しかしながら茶の奥から匂い立つコクの風味、楠香は共通項です。

なかなかの良茶です。


JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


スポンサーサイト

常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット

  • 2019.11.07 Thursday
  • -
  • 07:24
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comments
コメントする








   
Trackback URL
Trackback

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

profile

Puer-Cafe, professional puerh tea store、プーアル茶の専門店

links

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

                 

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM