野生雲霧圓茶の続き

前回の続きです。

さて、2002年から作られている雲霧圓茶ですが、初代雲霧圓茶である易武雲霧圓茶は実に中国らしい(?)誕生でした。
2003年雲霧圓茶プーアル茶の写真

2002年、昌泰茶業の社長である、陳世懷は雲霧圓茶を作るように指示を出します。
その後しばらくして工場に戻った陳世懷は雲霧圓茶に使用したはずの原料が残っていることに気づきます。
これはおかしいと調べてみると、どうやら間違えて易武山の古樹茶が使用されていたことがわかります。

間違えに気がついた後は当初予定の雲霧圓茶が作られました。
このように作られた初代雲霧圓茶はすべて版納雲霧圓茶として出荷されていきました。

原料を取り違えた版納雲霧圓茶は少ないし、原料の等級も高いからまあいいかという判断でもあったのでしょうか。

ところが2004年、台湾茶人である石昆牧が初代雲霧圓茶を賞味したときに「このお茶おいしすぎね?」と気づき昌泰茶業に確認したところ、上に書いたようなことが判明しました。

その後、昌泰茶業も巻き込み、易武版初代雲霧圓茶の収集をはじめましたが包み紙からは見分けがつかず、試飲をするしかないため、ごく少量のみですが回収を行います。

この回収された初代雲霧圓茶は紅色で易武雲霧圓茶と書かれた紙で包みなおし、易武版は2002年に作られたものであるため、2002年製、初代雲霧圓茶=易武雲霧圓茶として流通されました。
(ちなみに茶葉はどちらも2001年のものといわれています)
初代雲霧圓茶のプーアル茶二つ

一方で、回収されなかった初代雲霧圓茶の大部分はオリジナルの包み紙(トップの写真)のままです。
なので、2003年版とされているものの中にも2002年版雲霧圓茶(=易武雲霧圓茶)があるかもしれません(というかあります)。

このように初代雲霧圓茶は生まれました。

また長くなってしまったので次回に続きます。


JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


スポンサーサイト

常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット

  • 2018.10.21 Sunday
  • -
  • 10:08
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

Comments
コメントする








   
Trackback URL
Trackback

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

profile

Puer-Cafe, professional puerh tea store、プーアル茶の専門店

links

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

                 

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM