気長に待つのがプーアル茶

気長に待つのがプーアル茶。
復刻版 易昌號プーアル茶

この12月でプーアルカフェのオープンから9年がたちました。
バタバタとあっという間に9年がたった気もしますが、9年というのはなかなかの時間です。
これからもおいしいプーアル茶を紹介していきたいと思います。

9年間というのはプーアル茶にとってもそれなりの時間です。
今月のおすすめのページにも書きましたが、開店したころに仕入れたプーアル茶も満遍なく9年間分の熟成が進みました。

今回のランキングの中の2009年に発売された復刻版 易昌號は作られてから10年を迎えました。

高額なセットプーアル茶なので、ここ数年は年に2-3セット程度しか売れてなかったですが、夏ごろから売れ始め、リピートされるお客様もおり半年のうちにあれよあれよと10セット以上が売れ、年を通しての結果では3位となりました。
ちょっとびっくりの結果です。

入荷した当時の復刻版 易昌號は秀逸な香り高さ、そして舌を劈くばかりの苦味を持ったプーアル茶でした。
そのままでは当然おいしいといえるわけではありませんが、昔ながらの「いいプーアル茶とはかくあるもの」のお手本のようなプーアル茶で、時とともに進む熟成を待つだけのことでした。

とはいうものの、高額なプーアル茶を販売している身としては早く飲み頃を迎えてくれ!(そして売れてくれ!)と祈る日々だったことを覚えています。しかし、だんだんと円くなる味わいを実感するにつれ「気長に待つのがプーアル茶」と腹をくくることができました。
劈く苦味も丸くなり、香も落ち着き、変化が生まれ、渋みも取れ、素直においしいといえるようになったのはここ3年ほどでしょうか。そしてちらほらと売れるようになってきました。
プーアル茶を飲む

そして、10年を迎えた今年熟成が進んでいることが皆さんわかるのですね、上に書いたとおりこれまでにない売れ行きを見せ、残るは篆体版が二セットのみとなりました。

当店としても思い入れのある復刻版 易昌號が売り切れとなってしまうのは寂しい気持ちがあります。

でも大丈夫、次のプーアル茶を気長に待てばいいのですから。

今年も12月を迎えました。
感謝の気持ちをこめて、プーアル茶の大セールを実施中です。
年に一度のセールなので、この機会をお見逃しなく。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


7581と干し柿

中国共産党による改革が進む1976年、プーアル茶生産効率化の一環として茶廠番号を振り分けたことから始まります。そして、同じ生産効率化として熟茶作りが始まりました。
7581プーアル茶と干し柿

ということで今月は「茶廠番号1、2、3」として三つの熟茶の紹介をしています。
茶廠番号1:昆明茶厰の7581
茶廠番号2:孟海茶厰の7572
茶廠番号3:下関茶厰の8663

ということで、今日はプーアル熟磚茶 7581と干し柿をあわせていただきます。

どのプーアル茶にも個性がありますが、7581は参香、さらには昆明味と呼ばれる風味、そしてよく煎が続くこと。

この二つの組み合わせがなかなかいい具合なのです。
どこか郷愁を思わせる、ほっとさせる風味をゆっくりと長く飲んでいると体から力が抜けていきます。

干し柿をちびりちびりとかじりながら、7581をすすりながらぼーっとしていると時の流れが変わってきます。(お行儀が悪くてすみません)

でもいいのです。昔の人たちもこうやって月を眺めたり詩を読んだりしてぼーっとすごしたりしていたのでしょう。

JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


ずんだもちと7572

ずんだもちをいただきました。
ずんだもちとプーアル茶

ずんだもちと名がついていますが、丁寧につくられた上菓子で、柔らかなもちを枝豆の餡で包むというずんだもちのフォーマットに沿いながら上品な茶菓子に仕上げています。

枝豆の緑が鮮やかな餡なのでコントラストということで熟茶を合わせてみました。
孟海茶廠の7572です。

枝豆のミルキーさを感じるおいしい餡に熟茶のまろやかさがよく合います。
餡子菓子なので濃くならないように軽めに入れました。

チョコレートやクッキーなど油脂が入っているような重いお菓子であれば気持ち濃い目に入れますし、もっとさっぱりしたお菓子であればよりさっぱりと生茶を合わせるといいでしょう。

そして、上品なお菓子には上品に仕上げたプーアル茶がよく会います。
名レシピ7572ですが、この10年でその仕上がりは大変よくなりました。

第三世代の製法である「HEMA製法」がその境目といえるでしょうが、ともあれ結果として飲み口は以前よりもすっきり、上品な仕上がりです。

などと、合わせるプーアル茶について書いていますが「どのプーアル茶をあわせようかしら」とああでも無いこうでも無いと考えるのではなく、ほんの一瞬、直感的なものでいいと思います。お菓子などをいただく時に、どのプーアル茶を入れるかにちょっと気持ちを向けて思いついたお茶を選びます。

続けていると不思議とぴったりのプーアル茶が選べるようになってきます。

たとえどんなプーアル茶を選んだとしても、プーアル茶とお菓子をいただくときは幸せが待っていますから。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


7542、あたるかあたらざるか

孟海茶廠が作るプーアル茶、7542。
2018年7542プーアル茶

印級茶の流れを汲み、「配法」による標準化技術の実践として1975年に完成された7542はプーアル茶の基準品とされます。

基準品ではありますが、すべての7542がまったく同一というわけではありません。
その年ごとつくりに違いがあったり、使用する茶葉のできのよさなどの違いがあります。

そのため、毎年作られる7542ですが73青餅、88青餅、玖瑰大益など特に評価の高い7542はその時代を代表するプーアル茶として特に評価され、プーアル茶全体の味作りの指標とされます。

さて、その「当たり年」の7542ですが、孟海茶廠が国営時代にはプーアル茶の種類も少なかったため、数年に一度「当たり年」またはそれに準ずるレベルの7542が作られていましたが民営化以降、その数はずいぶんと少なくなりました。

民営化以降の7542で「当たり年」とされている7542は2005年の「簡体版7542」の第一批、そして2009年の「寶石藍(サファイヤ)」の第一批の二つがあげられます。

2009年以降、10年近く「当たり年」7542がでていないわけですが、それにはちょっとしたわけがあります。

2013年、孟海茶廠は現代の味覚に合った「新世代」プーアル茶として、7542の配法を刷新しました。
これは新たにプーアル茶を飲み始める人に門戸を開くような「新しくても飲みやすいプーアル茶」として作られましたがそれまでと違う味作りから特にそれまでのプーアル茶ファンには受け入れられませんでした。

2013年の7542は茶葉の品質がよくその点で評価されていますが、7542としての評価となると微妙で「当たり年」と数える人はまれです。

この新世代7542は2015年まで続きましたが2016年に孟海茶廠は昔ながらのつくりの7542を発売し、好評を得ました。

そして、今回発売の2018年7542ですが発売直後から評判となり価格も大きく上昇しました。
現在は価格の上昇を一服し、長期的な評価はこれからといったところですが、2016、2017を超えるポテンシャルで期待は十分です。

2009年の寶石藍7542からすでに9年、そろそろ次世代を担う7542が誕生してもいいころではないでしょうか。
と、いうことで熟成用に7542一筒セットを発売しました。

長期保存にぜひ挑戦ください。

JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


プーアル茶のセット

今月のおすすめはプーアル茶のセットです。
プーアル茶セット

プーアル茶にはいろいろな味わいがあります。
プーアル茶を販売にするに当たって、このプーアル茶はこういった味わい、あのプーアル茶はこんな味わいといった説明をしてもやっぱり伝わるものではありません。

だったら、いろいろなプーアル茶を試してもらおう。
という思いから今月のおすすめは生まれました。

セットは二つ。
プーアル茶の味の広がりを万遍なく味わっていただけるよう、どちらも生茶と熟茶、茶廠に変化のあるセットです。
極品は現代のプーアル茶を代表する金大益、玖瑰大益をはじめ、老茶、宮廷茶など生茶、熟茶ともに極上のプーアル茶をセレクトしました。

もうひとつの精品も老茶、名レシピ、有機茶などプーアル茶の要素をしっかりと押さえたラインナップです。

プーアル茶といえばやはり熟成。
時とともに熟成されるプーアル茶の美味しさは他のお茶にはありません。
そしてレシピに代表されるブレンド技術の美味しさも外せません。

プーアル茶とは何か?
が漠然としている方にこそお試しいただきたいセットです。

色々なプーアル茶からあなた好みのプーアル茶をお探しください。

JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


プーアル茶のクセと熟成、昌泰號 版納七子餅茶の場合

ちょっとクセのあったプーアル茶が熟成を経てアクセントとなるといった話を前々回の記事で書きながら「クセの話だったらこれだよな」と思っていたプーアル茶、昌泰號 版納七子餅茶 2003についてです。

昌泰號 版納七子餅プーアル茶

このプーアル茶はお香のような独特の香りが特徴のプーアル茶です。
そしてその香りが生み出す風味も独特で上手に入れないとバランスが崩れてしまう「ちょっと難しい」プーアル茶でもあります。

しかしながら、このプーアル茶もほかのお茶と同じように熟成が進んでいます。
そして、熟成によって生まれたまろやかがこの強すぎる風味は包みつつあり、クセはだんだんとアクセントへと変化してきています。

前々回のブログに書いた孟庫大雪山餅茶 明前春尖はすでにアクセントとして落ち着き飲み頃を迎えていますが、当店の昌泰號 版納七子餅茶 2003はもう少し時間が必要です。

昌泰號 版納七子餅茶 2003はここ最近評価を上げているプーアル茶です。
逆に言うと、今までなかなか評価が上がらなかったプーアル茶ともいえます。

その理由ですが、飲む人によってその感想が変わるということがあげられるでしょう。
というのも昌泰號 版納七子餅茶にはいくつかバージョンがあり、その味わいには違いがあります。
そして、その淹れ方も難しいとなるとその人が飲んだ昌泰號 版納七子餅茶がどの昌泰號 版納七子餅茶をどのように淹れたので味わいは大きく変わり結果、評価は定まりません。

そのようなある意味混乱状態であった昌泰號 版納七子餅茶には最近になってどのようなバージョンがあることがはっきりされ、バージョンごとの評価がされるようになりました。そして昔ながらの倉庫熟成されているものは熟成がしっかりと進み、アクセントのあるそのおいしさが知られるとともに評価が上がってきています。

ちなみに鑑定のポイントは内飛に押されているスタンプがひとつであるか、二つであるかがポイントとなります。
(ほかにも包み紙にバーコードの有無、包み紙のデザインなどもあります)

内飛の写真

スタンプ一つありは單天書、スタンプ二個有が雙天書とそれぞれ呼ばれています。
スタンプ一つのもののほうが初期のもので、高評価です。
(実際に風味が違います)

当店のものはうれしいことに單天書ですが、自然倉熟成なので飲み頃到来まではあと3-5年必要といったところでしょうか。

過去の姿、現在の姿、未来の姿を思いながら楽しむのもプーアル茶ならではでしょう。
前回のブログと同じ言葉でしめてみます。


JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


回甘一煎!熊猫沱茶、過去、現在、そして未来。

孟海茶廠が2012年に復刻した熊猫沱茶を品茶。
熊猫プーアル茶

このプーアル茶はもともとは孟海茶廠が作る沱茶ということで「孟海沱茶」として作られました。
それが1988年の当時最も権威のあった全中国食品品評会、通称熊猫杯にて銀賞受賞を機に評判を呼び、熊猫沱茶と呼ばれるようになりました。

味作りは沱茶らしく軽めといえるでしょう。
青味はなく、苦味は控えめでまろやか仕立てで出来立てでもおいしく飲めるプーアル茶に作られています。さっと入れて緑茶のように楽しむタイプのプーアル茶でした。

過去形で書いたのは熟成が進んだからです。
熟成が進み、全体的に丸くなった熊猫沱茶は濃く入れても楽しめるようになってきました。
(もちろん濃すぎてはだめですが)

ちょっと濃い目にして淹れると、味がぐっと強くなり熊猫沱茶が見せる表情は変わります。
さっぱりあっさりとしていたお茶が、熟成によって生まれたまろやかさが苦味、うまみなど味が持つ強さを受け止めて嫌味なくまとめてくれます。

軽めの印象が濃厚な印象となり、しかし軽やかさは残しています。
プーアル茶としてのおいしさが始まったといえるかも知れません。

洗茶はせず、じっくりと蒸らして味を引き出したらいいでしょう。
何煎も淹れることは考えず、一煎にすべてを味わう気持ちで。

茶葉のうまみは厚く、香りは芳醇。
回甘(飲んだ後に感じる甘い後口)がすばらしい。

お湯の温度を高めにすると香り立ち、低めにすれば苦味が抑えられます。
淹れ方ひとつでも表情に違いが見られます。

いろいろと書いていますが作られてまだ6年。熟成のおいしさは始まったばかりです。
この先の変化がさらに期待されます。

頭に思い描かれるのは、下関茶廠の極上沱茶、下関緑盆沱茶 CIBのようなさっぱりとしながらも香りのよさ、茶葉のうまみを持ったプーアル茶です。

過去の姿、現在の姿、未来の姿を思いながら楽しむのもプーアル茶ならではでしょう。

JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


大雪山のプーアル茶

久しぶりの更新となってしまいました。

今月のおすすめは下関の大雪山と題して大雪山プーアル茶の紹介です。
大雪山プーアル茶

おすすめのページにも書いていますが、大雪山プーアル茶は最近になって「発見」されました。
この発見された茶樹群は700年以上前に拉祜族や布朗族によって広げられたといわれています。

現在の茶園では挿し木によって増やしていきます。
これはもっとも確実で、成長も早く、収穫も早く見込めるためですが、この大雪山で見つかった茶樹は種で増やされたことに特徴があります。

では、挿し木と種では何が違うの?
挿し木で増やしたものはいわゆる「クローン」となり、もともとの茶樹とまったく同じ遺伝子を持った茶樹に育っていきます。

一方で種で増やしたものは、種一つ一つが違う遺伝子を持つこととなるので多様性が生まれます。
単一な茶樹でない、微妙な違いが大雪山プーアル茶のおいしさを生み出しています。
(大雪山に限らず古くから続く茶園などにこのタイプは見られます)

大雪山プーアル茶には独特の風味があります。
どのような特徴であるかといわれると、やはり言葉で表すのが難しいのですが、孟庫大雪山餅茶 明前春尖によく現れています。

クセとも取れる風味だったので、以前は同じシリーズである孟庫七子餅茶 孟庫春尖のほうが飲みやすく、好みだったのですが、その後の熟成による変化によってこのクセがちょうどいいアクセントとして「はまって」きました。

一方の下関金絲沱茶 大雪山 尚品は大雪山茶であり、下関茶となります。
沱茶で知られる下関茶廠ですが、いくつものグレードの沱茶を作っています。

定番沱茶として作られる沱茶の中ではこの金絲沱茶が最もグレードの高い沱茶となります。
そしてこの2017年の金絲沱茶は與新業公司の特注品として大雪山茶葉で作られた金絲沱茶としても特別製となっています。
もちろん良茶なのですが何せ2017年製、そのおいしさを引き出すにはもうしばらくの時間が必要です。(逆を言えば、ぜひ今のうちにお手元に!)

一方で今月新発売とした宝焔牌 金絲大雪山緊茶は金絲沱茶と同じオーダーで作られた熟茶ですが、こちらの評判も上場です。
出来立てですでに飲み頃である熟茶なので、すでに評価されておりじわじわと値を上げてきています。
紹介ページにて「こっくりとしたコク」と書いていますが、この口感は独特でおいしさを引き立てています。この大雪山緊茶も大雪山プーアル茶のおいしさを表現したプーアル茶といえるでしょう。

ぜひ一度お試しください。

ちなみにプーアル茶作りはユネスコの世界農業遺産に登録されていますが、大雪山の一連の発見もその中に含まれていて、その中でも最も標高の高い茶樹群とされています。

JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


春の訪れ

友人からお菓子を頂ました。
プーアル茶写真
竹の子最中です。
季節にぴったりの素敵なお菓子です。

プーアル茶の楽しみ方にもいろいろありますが、お茶請けと一緒にいただくとまたおいしさが違います。
お菓子とプーアル茶の相性を探りながらいただくといった楽しみもあります。

すっきりとしたあんこのおいしさの最中ということで、大益牌の7562といただきます。

さわやかな春の日の気分に合わせて、さっぱりとした熟茶を軽めに淹れていただきました。

さて、最中の中にはびっくり、竹の子の甘露煮が入っています。
さっくりとした最中と、しっとりとした餡子、しゃっきりとした竹の子の食感のコントラストがとても新鮮です。

7562のすっきりとしたまろやかさもよく合います。

春らしいとても素敵なティータイムとなりました。


JUGEMテーマ:お茶

JUGEMテーマ:中国茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


宮廷プーアル茶と熟茶の選びかた

今月のおすすめは宮廷プーアル茶です。
宮廷プーアル茶

世の中にはたくさんの宮廷プーアル茶があります。
それらはとてもおいしいもの、首を傾げるものなどなどさまざまです。
(宮廷プーアル茶に限ったことではないのですが)

宮廷プーアル茶とは一般に宮廷級茶葉を使用して作られた熟茶を指しますが、
この「宮廷級茶葉」が実は曲者です。

宮廷級茶葉とは大変細かな若芽を指します。
しかし、その基準は茶廠次第でどうとでもなってしまいます。
うまみの乗った新茶の小さな若芽が本来的な宮廷級茶ですが、すっかり味の抜けた茶葉であっても茶廠画が「これは宮廷級茶葉である」と宣言してしまえばそれまでです。小さな若芽であればぱっと見ただけでは見分けがつきません。

そしてもうひとつ宮廷プーアル茶でカギとなるのが熟茶の発酵技術です。
ごく小さな宮廷級茶葉を発酵させて作られる宮廷プーアル茶では茶葉が小さいため発酵状態の管理が難しくなります。

近年は発酵技術が進んできたとはいえ、誰もかれもが上手に作れるとは限りません。
微生物発酵を伴う熟茶作りには難しさが伴います。

ここで熟茶作りについて振り返ってみましょう。
熟茶作りの核心は、均一に、程よく茶葉を発酵させるところにあります。
一枚の茶葉の外側、中心部をともに同じように発酵させるには技術がいります。

それを解決するために取られた方法が例えば茶葉の裁断です。
茶葉を裁断してちょうどいいサイズにすることで発酵度が満遍なく揃うようにしました。

一方で、茶葉がごく小さい宮廷プーアル茶では裁断した茶葉よりもそのサイズは小さくなります。
熟茶を作る際は一山500kgあるような茶葉を一度に、均一に発酵させますが、宮廷茶葉のようなごく小さな茶葉をムラなく、いい塩梅に発酵させるには純粋に発酵技術が必要となってきます。

長くなってしまいましたが、上に書いた二つのポイントが重要です。
・茶葉のグレードについてしっかりと基準を持っていること
・熟茶作りの技術が備わっていること
=信用できる茶廠の宮廷プーアル茶であること

を基準に選ぶことをお勧めします。
(宮廷プーアル茶だけでなく一般的な熟茶にもいえます)

ということで今回紹介の宮廷プーアル茶、どちらもおいしいですよ!

JUGEMテーマ:中国茶

JUGEMテーマ:お茶



常時50種類以上の茶葉を取りそろえているプーアル茶のプーアルカフェ本物のプーアール茶をお届けします。脂肪燃焼効果でおいしく優しくダイエット


| 1/24PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

profile

Puer-Cafe, professional puerh tea store、プーアル茶の専門店

links

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

                 

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM